携帯電話はひとり一つにするべきだ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数197
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    社会問題スマートフォン携帯

    代表キーワード

    社会

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    携帯電話はひとり一つにするべきだ
    1.はじめに
    2.日本社会の携帯電話を扱う現状
    3.携帯電話を作るために起こる環境破壊
    3.1)内乱について
    3.2)内乱が起こす生命の危機
    4.問題点と解決策
    4.1)以前使っていた携帯電話のゆくえ
    4.2)リサイクルのきっかけ
    5.おわりに
    1.はじめに
    普段使っている携帯電話は環境にどのような影響を及ぼしているのであろうか。携帯電話とは基地局と呼ばれる有線ネットワークとの中継点と電話機が無線で通信し、さまざまな通信サービスを移動しながらにして受けられる無線通信を利用した持ち歩ける電話機のことである。通話だけでなく、ゲームや電子メールの機能もついており、近年では安全のため子供が持っていることも少なくない。携帯電話ひとつを作るために多くの部品が使われるが、そのひとつにタンタルやコルタンという希少鉱物・金属がある。これらは主にコンゴ共和国の森林から採取されているが、量が限られており、とても貴重とされている。近年携帯電話が大量に製造されていることから、コンゴ共和国やその森林に生殖する生物が崩れ始めている。
    本稿では日本においての携帯電話を取り巻く社会につ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。