たばこは吸うべきではない

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数178
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    社会問題タバコたばこ

    代表キーワード

    社会問題

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    たばこは吸うべきではない
    はじめに
    たばこは人間にとって健康や社会的な面で影響を及ぼすものである。それは喫煙者本人だけでなく、受動喫煙者にも有害なのである。近年では、若年層による喫煙の問題も多くある。大学のキャンパス内や職場に喫煙所を設けているものも多い。しかし、多くの人々はたばこの有害性を知っていながらも、その知識は薄い。そのために、日本では喫煙への対策が行われてきたが、それはまだ十分でない。アメリカやイギリスでは、幼児期から喫煙防止対策などが実施されている。それと比較すると、日本は完全な喫煙対策がなされているとはいえない。
    2. たばこ対策の現状
    日本におけるたばこ対策はこの10年で大きく変化しており、2005年にはたばこ規制枠組条約が結ばれた。そのほかにも2004年には財務省がたばこ広告の指針を改正し、未成年者がたばこの広告に暴露する機会を制限する等の広告規制の強化を行っている。厚生労働省によると、5月31日は「世界禁煙デー」であることから、日本では2012年5月31日から6月6日までの期間を「禁煙週間」とした。「禁煙週間」のテーマ「命を守る政策を!」を掲げ、国民に喫煙の健康影響..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。