教育実習レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,295
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育実習後に提出するレポートです。こちらは実習簿と同封して提出する分です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「自分の目指す理想の教師像を実現するために必要な努力」
     まず私が目指す理想の教師像というものは、
    ・社会の教科力(授業力)がある
    ・生徒を理解する
    の大きく2点である。
    社会の教科力のある教師
     教科力に関しては、「教師はまず授業で勝負」というようにこれが何よりもベースになると考える。これがしっかりしていなければ、他の業務ができていても教師として成立しないと思う。そのために何が必要か。まず今回教材研究をするなかで、私の社会科という専門知識の不足は否めない。また例え話をする際の雑学などの知識にも乏しい。これらを補うためには何をすればいいのか。
    前者に関しては、授業準備時に感じたことだが、「教える」という立場で予習した時の理解度は高い。今後もこれまでのような、ただ覚えようという意識で勉強するのではなく、教えるという立場で「どうすれば理解してもらえるだろうか」と考えながら教材研究に取り組まなければならない。
    後者は日頃から、例えばテレビ、雑誌、本、新聞などに対して今まで以上にアンテナを張っておく必要がある。世の中の、目の前にある知識を貪欲に吸収したい。これらのことを背景に生徒が興味・関心を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。