R0707 外国史

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数265
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    歴史中国行政思想国家言葉始皇帝統治意義制度

    代表キーワード

    外国史R0707

    資料紹介

    佛教大学、外国史のレポートです。テキストやインターネットを中心にまとめました。評価Bです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題
    秦の天下統一が果たした歴史的意義について述べなさい。
     秦の天下統一が果たした歴史的意義を述べる前にまず、秦の天下統一について具体的に述べたい。
    ■秦について
    中国最初の統一王朝。甘粛東部に興ったとされ、前8世紀に周の 諸侯となる。その後、渭水に沿って東進し、 前4世紀の孝公の代から急速に発展を遂げた。前256年に周王朝を滅ぼし、そして秦王政(始皇帝)の代に 韓、 趙、 魏、 楚、 燕、 斉の順で 6国を滅ぼし前221年に中国統一を果たした。統一後で特筆すべきはやはり始皇帝であろう。彼は自らを中国史上はじめて「皇帝」と称した。彼は李斯を登用し、法家理念に基づき皇帝独裁と中央集権体制の強化に力を注いだ。①その方針は自らの権威を高めること、すべてを中央の統制下に置くことにあった。それらを実現させるために様々な制度を作り、施策を断行した。
    ■始皇帝の施策(内政)
    ①自らの権威を高めるために
    ○皇帝の称号の創設
    皇は「光り輝くもの」を意味し、帝は天帝を意味する。当時、王は天子とも呼ばれ、天の子とされていたため、自分は天(天帝)そのものを名乗った。
    ○朕、詔などの皇帝専用の言葉の制定
    ○死..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。