W0101現代福祉社会論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数358
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「政策・制度としての社会福祉と実践・労働としての社会福祉のそれぞれの意義と関連、課題について述べなさい。」
    社会福祉は、「個人が社会生活を営む上で生じる生活上の困難、障害を解決・緩和するための、政策的、集団的、個人的な援助の諸活動の総体」あるいは「私たちがその生活過程で出会うさまざまな困難や障害に対して、社会的な支援を通じて自立を援助する施策やサービス」と規定されている。
    社会福祉は3つの仕組みと実践に整理される。
    第一に「政策・制度としての社会福祉」、第二に「実践・労働としての社会福祉」、第三に「市民の活動・事業としての社会福祉」である。 
    ここでは「政策・制度としての社会福祉」「実践・労働としての社会福祉」を取り上げ、その両者の関係を見ていきたい。 
    まず「政策・制度としての社会福祉」についてである。
    社会福祉が、社会の中に定着し、機能を継続していくためには、ひとつの政策として形成され、制度として構築されなければならない。そうでなければ、社会の中で実施される「社会福祉」は単発的・一時的なものにとどまり、社会情勢の変化による不安定さを免れないものとなってしまう。
    社会福祉の充実や発展..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。