レポート【英文学史②】(5月10日提出分)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数173
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ヴィクトリア時代の小説について、当時の社会背景なども考慮しながら述べよ。』
    大英帝国が世界の覇者であったヴィクトリア女王治下、この時期に産み落とされた小説における普遍的特徴とはいかなるものであったか。本稿ではまず、当時の社会状況に触れながらヴィクトリア時代を定義付けし、次にヴィクトリア朝の小説の一般的特徴と文学史上の位置付けについて概説をした上で、個々の小説家、特に時代を代表する作家達であるチャールズ・ディケンズ(Charles Dickens,1812-70)、ウィリアム・メイクピース・サッカリー(William Makepeace Thackeray,1811-63)、ブロンテ姉妹らの作品にターゲットを絞り、それらの特色を詳しく述べていきたい。  「ヴィクトリア時代」とは本来ヴィクトリア女王の治世全体を指すが、とりわけ英国が世界経済の覇者としての地位を誇った、1840年代から1870年代初頭の間の社会・文化に限定して用いられることが多い。この当時のイギリスをマクロな視点でみれば、産業革命によって工業化と都市化が目覚ましい発展を遂げ、特に1851年のロンドン万国博覧会開催は、この時..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。