レポート【教育方法学】(2010年3月10日提出分)B評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数67
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。』
     まず、従来の知識や伝達を重視した授業の設計については、画一的な運営システムのもとでなされてきたことが挙げられる。最近の主体的な学習を基本とする授業については、上記のような画一性がなく、インターネットを通じてであったり、自分が学びたい分野に関する専門的な知識を養成する学校が出てきており、非常に多様性のある学びができる。今までは、教育とは、受けさせられてきたものであったが、近年は自分が選んで受けるものとなってきている。そのため、一定の基準をもとに、どんな場所にいても同じような内容、同じようなレベルでの教育を提供するのではなく、地域の特色や学校の持つ特色を生かした教育を生徒が選んで学ぶように変わってきていると言える。私が住んでいる大阪府でも、今までは、府立高校と言えばほとんどが普通科だけであったが、現在では普通科以外にも国際教養科・理数科・総合学科など、非常に多岐にわたる学科の設定があり、それだけでなく主..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。