レポート【英米文学概論②】(2010年4月10日提出分)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数182
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『アメリカにおけるピューリタン文学の特色を書きなさい。』
     アメリカの国家成立について、コロンブスのアメリカ発見後、1世紀以上経過しアメリカが独立するまでを植民地時代と呼ぶ。この期間に日記や説教文・報告書など、のちのアメリカ文学にテーマを提供する資料が書かれた。この時代の文化にはヨーロッパの伝統にアメリカやインディアン・黒人奴隷・少数のロシア人と東洋人などの文化的特色が加えられている。ルネサンス時代にアメリカへ渡米した冒険家はアメリカのことを黄金の国だと報告あひ、宗教的動機で渡来した人々は約束の土地だと報告した。
     イギリスは、この土地に目をつけ、最初の植民地をヴァージニアに建設した。そこに宗教的な意味を見出し、現地の先住民に宗教を教えた。のちに、1619年にアメリカ大陸では初めて立法議会が開かれたり、オランダの奴隷船が入港し、黒人奴隷を売った。また、1642年のイギリス・ピューリタン革命の後には、多くの上流・中流階級の人々がヴァージニアに移住し、貧乏な白人や黒人奴隷を利用して大農園を経営し、封建文化が生まれた。その亡命した王党騎士の宗教であるイギリス国教はピューリタニズムとは違って極..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。