レポート【英米文学概論①】(2010年4月10日提出分)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数112
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『18世紀においてイギリスが他国に先がけて小説を生み出したのは何故かをイギリスの歴史とそれが生み出す社会を考察しつつ述べよ。』
     イギリスでは、エリザベス女王の死後にイングランド王位を継承したジェイムズ一世が子どもであるチャールズ一世と一緒に、イギリスの制度や習慣・国民がどのように感じているかということを全く理解しておらず、王権神授説によって国王の神権を主張していた。国民は、そんな国王を支持しなかったし、地方の自営農民からの出身である産業資本家や都市の商工業者などの中流市民階級の人々がとても有力な存在となってきていた。彼らは、中世のルネサンスの影響を強く受けていたため自覚や教養が身についていた。彼らは、多くの清教徒を含む産業市民層によって代表されていた下院議会で専制に対抗して権利の請願を提出し、一切の献金や税を強制したり、身体の自由を保障するように求めたが、チャールズ一世がこれを無視し、清教徒に圧迫を加える清教徒革命が起こった。その結果が、クロムウェル率いる清教徒軍の勝利に終わり、長い王制から解放され、共和制が実現した。
     しかし、クロムウェルは航海条例を発布し、イギリスの海運業が発展..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。