カウンセリング概論レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数630
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    カウンセリング概論 前期期末レポート
    学校ができる支援とその限界を超える工夫
    学校ができる支援
    心に傷を負った子どもたち(あるいは心身の課題の挑戦を受けている子どもたち)に「学校」はどのような支援をすることができるだろうか。
    <関係をつくること>
    心に傷を負った子どもに表れる身体症状や行動は様々だ。しかし、子どもに何かしら変化が現れるという点は共通している。症状が表れる初期はとても小さな変化かもしれないが、それに気づくか気づかないかでは後の状況が大きく異なってくるだろう。大切なのは、日頃から子どもたちの変化やサインに気づけるような関係や、安心・安全な雰囲気をつくっておくことだ。また、「担任対生徒」という関係はもちろん、他の教師や保護者・外部の医療機関や相談機関などと良い関係を作っておくことも、教育者としての大切な役割である。
    <感じること>
    子どもの変化に気づくには、五感を磨いておくことが効果的だ。自分が何を感じているかを知ることで、子どもと接する上でも感情的になることを抑えられる。
    心とからだはつながっており、ストレスはからだの弱い部分に出やすいという。不登校の子どもが、朝「おなかが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。