経済地理 分冊2 日大 通信 合格

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数291
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経済地理 分冊2
    課題「グローバル・ネットワーク社会における都市と農村の計画的共生について述べなさい。」 
    地域経営のための地域の開発と保全(conservation)は、 地域計画の内容を実行に移す実践的行為であり、 地域開発によって地域経営の理念を具体的な形にし、 あるいは地域問題を解決に導くことになる。 開発とは、 一般に人びとのニーズ、 ウォンツ、 およびウィッシュズを満たし、 人びとの生活の質を改善し、 福祉の向上をはかるために、 今日的経営資源を可能な限り最大限に活用して、 自然や社会から可能な限りの便益を獲得する行為である。 地域経営の開発は、 単に人びとの生活を改善し福祉の向上をはかるためだけではなく、 地球環境に過大な負担をかけないように、 環境の許容(浄化)能力を超えない程度に開発と保全を調和させ、 可能な限り持続的な便益を獲得して環境や資源を管理しなければならない。 したがって、 地域経営の開発は、 開発だけではなく積極的に地域を保全する行為も含まれているのである。
    そこで従来のフロー経済重視の開発ではなくもう一つの開発が重要となってくる。 それは、 ストック経..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。