貿易論分冊2 A評価 参考文献有り。 世界貿易の自由化に取り組んできたGATT・WTOに共通・・・

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数829
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     
    貿易論 分冊2
    課題「世界貿易の自由化に取り組んできたGATT・WTOに共通する考え方、GATTと比較した場合のWTOの改善点(WTOの取組み上のポイント)について論じた上で、WTOの直面する課題とドーハ・ラウンド(ドーハ開発アジェンダ)における交渉事項のポイントについて述べよ。」
    かつて1930年代、各国は自国あるいは自国が属する地域の産業を保護するため、 様々な保護主義的措置を講じていた。 しかし、 それは各国ないしは各地域の経済のブロック化を進ませ、 結果的に世界貿易は縮小してしまうこととなり、 そのことが第二次世界大戦への間接的な引き金ともなった。
     こうした反省から、 第二次世界大戦末期に戦後の世界経済体制について検討がなされるようになり、 1944年7月にアメリカのニューハンプシャー州ブレトン・ ウッズにて、 戦後の経済体制を律する協定が締結された。 この協定に基づき、国際通貨基金 (IMF)と世界銀行(国際復興開発銀行:IBRD)が設立され、 両機関が中心となって行われる国際金融体制をブレトン・ウッズ体制という。
     貿易面では、1947年にGATT(関税と貿易に関..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。