貿易論 分冊1 A評価 為替差損の回避の方法について。参考文献有り。

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数527
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    貿易論 分冊1
    貿易ほか、国際取引における「為替差損の回避の方法」について説明しなさい。
    以下の5点について必ず言及すること。
    1、金利平価説とは何か。
    2、先物相場の予約(先物予約)の役割。
    3、通貨オプション取引の役割。
    4、通貨スワップ取引の役割。
    5、外貨マリーまたはネッティングの役割。
    輸出入産業などの海外との貿易取引は、 商品やサービスの代金決済には外国為替を用いて取引がなされている。 「外国為替」とは、 国際的な決済を実現する手段や方法であり、 そのような異種の通貨を交換する場所、 ないしは仕組みのことを「外国為替市場」という。(P96)外国為替は内国為替とは違い、異なる通貨の取引になるため、 企業は日々変動する為替レートのリスクを考えなくてはならない。
    為替レートの変動による損失を為替差損といい、 利益を為替差益という。
     内国為替制度は中央銀行を通し為替決済が行われるが、 外国為替取引は、当事者である銀行間であらかじめ決済に関する特別の契約を結んで実施している。 (P97) 外国為替銀行には直物相場と先物相場がある。 直物相場とは、 銀行間の取引において、 営業日以..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。