民法Ⅴ 分冊1 参考文献&参考HP有り 親子関係 300日問題とその解決

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数146
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    民法Ⅴ 分冊1
    親子の関係におけるいわゆる300日問題とその解決について論じなさい。
    キーワード:待婚期間、嫡出推定、前婚と後婚との推定を受ける嫡出子、無籍者
     未成熟の子は誰かがこれを保護しなければその生存を維持することが出来ないが、 その未成熟の子を保育・ 監護することは人間の生物としての本能である。 (p105) これを前提とし、 民法ではどのような親子関係が定められているのか、 以下に論ずる。
     民法は、 どのような場合に親子関係があると評価するかを定め、 親子関係に基づいてどのような権利・ 義務が発生することになるのかについて規定している。
     まず、 民法における親子とは、 いくつかの分類に分けて考えなければならない。 血縁関係のある 「実親子」と血縁関係はないが法的手続きによって成立する 「養親子」 があり、 実親子の子は実子といわれ、 実子には婚姻関係から生まれた「 摘出子」と婚姻関係にない父母から生まれた「 摘出でない子」とに分類される。 そのうち摘出子は更に分類され、 「生来の摘出子」と「準正摘出子」 に分類される。 生来の摘出子については、 「推定を受ける摘出子」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。