オスキー② 脳梗塞

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数12
閲覧数809
ダウンロード数48
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    オスキー②
    【脳梗塞】
    脳梗塞の種類は、心原性脳梗塞・アテローム血栓性脳梗塞・ラクナ梗塞・その他の4つに分類する。
    アテローム血栓性脳梗塞:脂質が動脈内膜に蓄積してアテローム硬化を起こし、内膜の肥厚によって血管が狭窄し、さらに血栓形成によって閉塞状態になる。血圧低下により閉鎖状況は厳しさを増す。アテローム硬化が自壊して血中に遊離し、塞栓を引き起こす。
    心原性脳梗塞:心弁膜症・心房細動などの疾患のため心臓内に血栓が生じ、それが遊離して脳血管を閉鎖する状態。脳血栓と比較して、主幹動脈の閉塞が大きく、死亡率や機能予後は不良。
    ラクナ梗塞:副側路をもたない終動脈穿通枝の閉塞によっておこるもの。・
    脳卒中の障害象
    意識障害
    急性期には、脳損傷自体や脳浮腫、抗痙攣剤の投与などにより意識障害を呈すことが多い。広範囲の病巣や脳幹損傷では遷延性に意識障害が持続するので能力回復に時間がかかる。
    精神機能低下
    損傷の部位やラクナ梗塞により器質的な変化に加え、急性期には通過症候群として精神機能低下する。長期間の活動低下により二次的にも生じる。
    運動麻痺
    各筋を独立して動かすことができない。一定のパターン化した..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。