変形性膝関節症

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数1,806
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    平成22年4月13日
    高森俊恵
    変形性膝関節症
    1.特徴
      ・変形性関節症のうち最も膝が多い。
      ・内側に強い変化があらわれるものが多い。
      ・関節に生じた退行変性。
      ・X-P的には、関節裂隙が狭小化あるいは消失し、その周囲の骨硬化像や骨棘形成を見る。
      ・一次性と二次性に分けられる。
      ・進行度の程度により、6つのgradeに分類される。
    2.片脚立位膝X線像による分類(腰野による)
      grade0:正常
      grade1:骨硬化像または骨棘
      grade2:関節裂隙の狭小化(3mm未満)
      grade3:関節裂隙の閉鎖または亜脱臼
      grade4:荷重面の摩耗または欠損(5mm未満)
      grade5:荷重面の摩耗または欠損(5mm以上)
      
    初期:grade1  中期:grade2・3  末期:grade4・5
     *亜脱臼:立位正面X線像で脛骨関節面内側端が大腿関節面内側端より5mm以上外側へ偏位しているものをいう(ただし骨棘は除外する)
    3.症状
      ・関節液の貯留
      ・運動制限
      ・運動痛
      ・多くはO脚の傾向となる⇒内側関節裂隙に圧痛(+)
     ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。