脊椎疾患について

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数206
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    平成22年4月17日
    高森俊恵
    脊椎疾患について
    Ⅰ.脊椎について
    脊柱は32~33個の椎体が上下に連結してできる骨格
    頸椎 7対     前方への軽い凸弯(前弯)
    胸椎 12対    後方へ凸弯(後弯)
    腰椎 5対     (前弯)
    仙椎 5対     (後弯)
    尾椎 3~4対   (後弯)
    ※前弯症
     脊柱が前から見て側方に弯曲し、捻転した状態
     ①姿勢の悪さによるもの (機能的側弯)
     ②椎骨・肋骨の先天異常 原因不明 乳幼児期・学童期・思春期に出現
      (構築性側弯症)
    後弯症
    頸胸移行部に主たる後弯部があるものや脊椎全体に及ぶ後弯は神経筋疾患に多い。胸椎部や胸腰移行部に限局する後弯は老人に多い。
    成長期の少年の胸椎領域に現れる後弯症をScheuermann病。
    椎骨について
     椎骨の前部を占め、円柱状で体重を支える…椎体
     椎体から後方に向かって出るアーチ状…椎弓
     椎弓から出る突起…1本の棘突起(項靭帯付着)・1対の横突起(交感神経を伴った椎骨動脈が通る)・1対の上・下関節突起
    頸椎について
    頸椎の機能
    頭部の支持・安定性を高める
    頸椎の間の関節により頭部の可動性を与える。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。