脊椎骨折  

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数761
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    脊椎骨折

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    脊椎の骨折について
    胸椎以下の損傷
    上、中位胸椎(T1~10)は胸郭によって、腰仙椎部(L4~S)は腸腰靱帯によって可動性が制限されているために力学的に安定で、損傷の頻度が少ない。損傷された場合は外力が大きいので肺合併症が起こりやすい。胸腰椎移行部(T11~L2)は不動部の胸郭と可動部の腰椎の境にあって応力が集中しやすい。主に圧迫、屈曲、伸展、回旋外力、それらの複合によって生じる。損傷型には圧迫骨折、Chance骨折、破裂骨折、脱臼骨折、横突起骨折などがある。
     損傷のメカニズムによる分類は、脊椎を前方支柱、中央支柱、後方支柱に分け、それぞれの破綻によって分類される。
    ・圧迫骨折
    骨粗鬆症により脆弱になった高齢者の脊椎は、腰を落として尻もちをつくような転倒で椎体圧迫骨折を生じる。骨粗鬆症が高度の場合、物を持ち上げたりする動作のみでも生じる。症状としては腰背部痛や亀背・後円背のような変形、稀に下肢麻痺を生じる。
    しかし、実際にはほとんど自覚症状の出ない場合も多い。特に徐々に骨折が進行していくような場合、物を持ったり、歩いたときに腰背部痛がある、背中が丸くなる、身長が低くなるなどの症状が出..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。