脊椎すべり症

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数267
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    脊椎すべり症
    1.概念
       椎体が下位の椎体に対してずれている状態。L5で82.1%、L4で11.3%、L3で0.5%、L2で0.3%の割合で発症する。
    2.原因
    一般に解剖学的に後方の椎間関節が正常であれば、上位椎体の下関節突起は下位椎体の上関節突起が邪魔になり前方にすべることはない。しかし、この上関節突起が欠損していたり、形成不全であったり、さらに椎間関節の前傾角度が大きかったりすると、上位推体は前方にずれることがある。また、関節突起間部が異常に長かったり、この部分が離断していれば同様にすべりの原因になる。
    3.分類
    関節突起間に分離を伴う分離すべり症と、この部分に分離を伴わないが堆体が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。