脊柱側湾症

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数1,067
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    脊柱側湾症
    脊柱が側方へ湾曲した状態。
    ①機能的脊柱側湾
    〈概要〉
    脊柱のねじれや椎体のけい状変形などの椎骨自体の形状変化は伴わない。単なる脊柱の側方湾曲を示した状態の総和。原因なっている因子を解決すれば消失ないし軽減する。一般に椎体の回旋を伴わない。臥位をとるなどして重力を軽減したり、身体を湾曲の凸側方向に曲げたりすると側湾は矯正される。代表的な病体として、疼痛性側湾や代償性側湾がある。
    ・疼痛性側湾症
     主として腰部の疼痛に対し反射的・防衛的に筋けい縮が起こって発生する。腰椎椎間板ヘルニアにみられることが多い。
    ・代償性側湾
    脚長差や骨盤の側方傾斜(下肢関節の不良肢位でのこう縮に起因するもの)に対し、腰椎が代償性に側湾を示している状態。脚長差を補正すれば、側湾は矯正される。
    ②構築性脊柱側湾症
    〈概要〉
    レントゲン画像により、自家矯正が完全にはできない側方湾曲の存在、椎体のけい状変形・椎体の凸側方向へのねじれが認められる。 これは必要な3条件。
    立位で背部を観察すると側湾凸側背部の隆起(胸椎側湾では、肋骨隆起、腰椎では腰部隆起)がみられ、凸側肩甲骨突出(上位胸椎側湾で著明)、ウエス..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。