深部静脈血栓症

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数766
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    平成22年4月15日
    高森 俊恵
    深部静脈血栓症
     高齢者・肥満患者・長期臥床患者に術後、特に股関節や下肢の術後に発生の危険がある。深部静脈血栓症は静脈のうっ帯・血流の緩徐・静脈外皮の変化などで静脈内腔に血栓が生じる。心疾患・衰弱・手術などで右心うっ血が原因で全身的に静脈血流が緩徐になるとその危険性も高くなる。また、肺塞栓の原因になるので注意する。
    ベッド上でも、臥床時の機能訓練、足指の底・背屈、足関節の自動運動を中心に静脈の環流を図り、一般状態を良好にする。
    ・一般状態
     軽度の発熱、血圧低下、頻脈、LDH(乳酸脱水素酵素)の上昇、PaO2(正常値:75~100mmHg)などの症状が出現する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。