骨盤骨折

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数826
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    骨盤骨折
    骨盤骨折は非常に大きな外力によって起こる。同時に合併している血管損傷・腎臓・腹くう臓器の損傷が多く、受傷直後の全身状態が一見良さそうでも1~2時間くらいのうちに急変する事がある。死因原因の50%は出血である。
    骨盤を形成する骨が海綿骨であり、保存的治療でも骨癒合はスムーズに進み、偽関節などとなることは少ない。 例外として、臼蓋に骨折線が及んでいる場合には、後に変形性股関節症を招く可能性があり、観血的整復を行う必要がある。
    分類
    骨盤は骨盤輪によって体を支えている。骨盤輪の一部が切れると体の安定性が崩れる。骨盤輪の連続性が保たれているか否かで分類される。
    ・単独骨折
     ①裂離骨折
      ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。