頚椎後縦靭帯骨化症

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数728
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    頚椎後縦靭帯骨化症
    【概念】
    後縦靭帯骨化症とは、脊椎椎体の後縁を上下に連結し、脊柱を縦走する後縦靭帯が骨化することより、脊柱管狭搾をきたし、脊髄または神経根が圧迫されて神経障害を引き起こす疾患である。頚椎に最も多く発生する。靱帯が骨化する脊椎レベルによって頚椎後縦靭帯骨化症、胸椎後縦靭帯骨化症、腰椎後縦靭帯骨化症と呼ぶ。治療の難治性から、1975年厚生省特定疾患に指定され研究が継続されている。40歳以上に好発、男女比は2:1。
    【病因・病理】
    原因は現在のところ不明である。全身的骨化素因、局所の力学的要因、炎症、カルシウム代謝異常、ホルモン異常、糖尿病、遺伝子異常、慢性外傷、椎間板ヘルニアな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。