せ脊椎カリエス

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数319
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    脊椎カリエス(結核性脊椎炎)
     症状
       運動痛、棘突起の圧痛、不撓性で始まる。やがて沈下膿瘍(冷膿瘍)や椎体破壊による亀背形成がみられる。
       腰椎カリエスでは、腸骨窩膿瘍が生じやすい。
       亀背や肉芽で脊髄麻痺をきたすことがある(Pott麻痺)。腰椎部に多い。
     X線像
    初期症状:骨萎縮、椎間板の狭小化(図)
    進行期:多椎体の破壊、吸収、膿瘍形成
    治癒期:椎体の癒合、亀背形成
     検査所見
      血沈亢進、微熱、ツ反陽性、疼痛は軽い
    (参考・引用文献)
      整形外科サブノート

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。