ウィリアムス腰痛体操

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数3,283
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    ウィリアムス腰痛体操
    腰痛・腰部脊柱管狭窄症・脊椎すべり症が対象としたもの。腰椎前弯や腰仙角の増大に対して、これを減少させることを目的として行う。痛みが軽減してくれば血行改善の促進と柔軟性維持、廃用萎縮のため運動を促す必要がある。
    腹筋筋力強化の目的
    …背臥位で股・膝関節を屈曲(腸腰筋)させ、そこから上半身を起こす。
    腹筋・殿筋強化と腰椎前弯を減少させる目的
    …骨盤後傾、腰椎前弯減少、大殿筋強化
    骨盤を回す感じで腰部を床に押しつけながら、殿部下端を少し浮かせる。この時、腹筋・大殿筋の収縮を確かめる。
    背筋のストレッチングを目的
    …腰背部筋伸張
    両膝を抱えて仙骨が床から離れるように体幹を屈曲する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。