古文基礎読解力養成テキスト

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数10
閲覧数194
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    中学生 古文基礎読解力 養成テキスト
    古文を読み解く力をつけるための十カ条
    壱 必ず解答欄には書き込まず、古文のノートに解くこと!
    弐 間違えた問題は、そのままにせず、なぜこの答えになるのか理解できるまでやり直すこと!
    参 なぜこの答えになるのか理解できない時には、古文のノートで確認すること!
    四 夏以降も、一ヶ月に一回は解き直すこと!
    五 国語を取っていない生徒には内緒のこと!
    六 夜更かしはお肌にとって大敵!十二時には寝ること!
    七 よく食べ、よく学び、よく遊ぶこと!
    八 私立入試は二月十日、前期は二月後半、後期は三月半ば!しっかり計画を立てて勉強すること!
    九 分からなければ、必ず先生に質問に来ること!
    十 今日という日は戻ってこない!毎日を大切に過ごすこと!
    氏 名
    ~入試問題の古文を解くために~
    高校入試問題での古文の問題で問われているのは「現代語訳」!
    ほとんどの問題で「現代語訳」がある程度できれば正しく解答できる。
    そこで重要になるのが文末の意味である。日本語は文末が変わると、文の意味が全く異なる。
    例) 僕は学校へ行く。
    行かない(行く+ない)
    行った(行く+た)
    行..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。