【女性学】主要国産業別雇用者構成(A+判定)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数240
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    東洋大学 生涯発達の女性学
    問.北欧や北米など先進諸国の男女別就労業種を調べグラフにせよ。また、気付いた点があれば、書くこと。

    世界各国の人々の就業職種調査から、
    男女別のジェンダー傾向を考察する。

    製造業。卸売業。サービス業など・・・
    スウェーデン、イタリア、アメリカ、カナダなど。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生涯発達の女性学 課題レポート 
    (日本を含む 全て2000年調査、ILO 「Year Book of Labor Statistics 2001」より)
    まず初めに、パッとこのグラフを見た時に全体的にジグザグしていて見にくい事がわかる。これは、私のグラフを作る技術抜きにして考えればあることが言える。それは、国別に男女、男女と並べたことにある。というのも、個々を詳しく見ればわかるのだが各産業によって男女で割合が大きく違うのだ。 一番見やすい『対地域・社会・個人サービス業』を例に挙げてみると、(主要国だけだが)世界的に見て、働いている女性のうちで対人サービス業をしている人の占める割合が男性の場合..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。