【教育法規】退学や停学処分はどのよう時にすればよいか(A判定)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数450
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    各事例を挙げ、教育法規からどのような結論がでるか示せ。

    体罰教師・懲戒処分
    学校教育法・学校保健法・学校教育法施行規則・子どもの権利条約

    Q,問題行動による懲戒処分は適当か?
    Q、教師の健康診断費用は自費負担が必要か?

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育法規 第4回 学校教育法 1~12 2005.5.17
    “教育法規”課題レポート
    テーマ;健康診断、懲戒処分         
                
    次の文章の事例につき、以下の問いに答えなさい。
    1、ある高校に通うF君は、毎日学校には来るものの日常的に授業中には大声を出したり騒いだりと授業妨害と見られる幾つかの問題行動が目立っていた。が、担任の教師は一度も叱ることや廊下で立たせることはせずF君に構わず授業を続けていた。しかし、授業の遅れに悩んでいた担任は校長や教頭に相談をした。そこで他の教科の教師に意見を聞く為に全教員で会議を開くことにした。その会議では、十分に議論された上でF君を停学処分にすることが決まった。
    授業妨害をした生徒に対して叱ることや廊下に立たせることはできるのだろうか。
    F君に対してなんらかの指導またはカウンセリング等をしなくて良いのだろうか。
    全ての教員が揃った中で十分に話し合われたとしても、果たしてそれは公正な判断なのだろうか。この会議にF君やF君の保護者は参加できないのか。
    F君が更生もしくは適応する機会を与えないまま、処分を下すことが出来るのだろうか。..

    コメント1件

    のんのん 販売
    合格したレポートです。参考にしてみて下さい。
    2010/10/13 14:10 (6年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。