【こども学】こどもの柔軟な発想を科学せよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数192
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現代の子ども観を述べよ。
     心理学や生涯学習などの知識を用い、現代の子ども観を示した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

             
    テーマ;私の考える生涯発達論・子ども観      
    レポートの報告より
     私のレポートを含め一人一人のレポートにそれぞれの人生があり、その人その人の様々な考え方、生き方があった。自分の人生に教育によって劣等感を感じている者もいれば、その逆の者もいる。学校を勉強する場と考える人もいれば、友をつくる場と考える人もいる。また、教育だけに捕らわれて人生を考えてはいけない。職人のような『技』を用いた仕事一筋の人もいるだろうし、家庭に重点を、社会に、経済に重点を置いた人も大勢いるだろう。同じ時代に生きていても全く違った経験・感情・人生を変えた考え方を得ていることがわかる。私たちが毎日すれ違う何千人もの人たちにもそれだけの人生がある。その人それぞれに適性、適職、個性、夢見た事、諦めた事があり今の人生にいたっている。
    そんな一番身近にある様な視点に気付かされたのが今回のレポートだった。
    これからの社会における生涯発達
     『これからの社会における』かどうかはわからないが、次に述べる『私が考える』生涯発達論が、生涯発達論にもこういう考え方もあるんだよ!となってくれればと思い述べる。
     ..

    コメント1件

    のんのん 販売
    講評『独自の新しい視点で論じられていて、結構です。参考になりました。』と、教授より頂きました。
    2010/10/13 14:12 (6年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。