【教育社会学】問.どのようにいじめを解決するか(A判定)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数376
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    テーマ;臨床的教育社会学から見た様々な問題
    【問題1】生徒のいじめ
    過度の受験競争や社会の同質性などによりいじめが起きていると考えられているが実際はどうなのだろうか?
    【問題2】教師のバーンアウトはなぜ起きるのか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    “教育社会学”課題レポート
     
    テーマ;臨床的教育社会学から見た様々な問題
    【問題1】生徒のいじめ
    過度の受験競争や社会の同質性などによりいじめが起きていると考えられているが実際はどうなのだろうか?
    ≪いじめの傾向≫
    いじめの標的とされる人は、いじめられたり何か頼まれ事をされたりしても、抵抗したり断る事ができない人が多く、相手の弱みにつけこんだ立場的・性格的に弱い人を狙う傾向がある。
    ≪原因≫
    様々な要因が複雑に重なり合った為、生徒にストレスが溜まった事
    その要因とは何だろうか?
    ・ 教師への不満
    ある特定の人物(生徒)に対し俗に言う『えこひいき』的な行動をとっている場合。
    成績による評価姿勢を不満としている場合。
    ・ 生徒への不満
    ある生徒の学力が自分より優れている場合。
    あまり意見を言わない消極的な性格の人や、好みでない顔・性格の人を自分で受け入れたくない、嫌い、視野に入れたくないと思い、自分自身の中で不快感を得た場合。
    ・ 親への不満
    嫌な事を無理矢理やらされたり、好きな事ができなかったり本人の自由にならない場合(学習塾・スポーツ・生活の仕方・将来の事など)
    親と意見や方針が合わ..

    コメント1件

    のんのん 販売
    A判定を頂きました。参考にしてみて下さい。
    2010/10/13 14:12 (6年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。