【比較文化】諸外国の教育制度について詳しくまとめよ(A+判定)

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数840
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【比較教育論】
    問い.諸外国の教育制度について詳しくまとめよ。

    ここでは、とくにフランス共和国について述べた。
    諸外国のGDPに対する教育費の割合についても述べている。

    フランスの基本情報~自由平等博愛について~

    フランスの教育制度・地域との共同・離婚率の増加

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2005年度
    〝教育学演習Ⅰ〟発表レジュメ
    フランス共和国の教育制度
             
    【はじめに】
     大学で教育学・文学・語学の学びを深めていくにつれて、フランス共和国(以下、「共和国」と略す)の就学前教育の就学率がヨーロッパでもずば抜けて高い事や、文章構成・論理力の高さや、母語に対する姿勢を感じ取ることができた。そこで卒業論文で、日本と異なる国語や社会科教育が発達段階にある生徒に対して、どのような影響を与えているのか調査したいと考えている。
    【目的】
    そこで日仏比較の詳しい調査をする前に、共和国はどのような現状にあり、どのような教育制度を行っているのか、これらをベースとして次年度の学士論文に繋げて行きたい。
    【方法】
     主に参考文献として書かれている書物を読み、重要と思われる引用文献から引用し簡潔にまとめる。また、文献からの図・表以外の資料等の最新の情報を必要とするデータは、確証のもてる大使館・文部科学省等のデータをインターネットから引用する。
    【本論】
    基本情報
     a.共和国について
      ① 人口
     共和国本土に住む人の数は、2002年1月1日現在では5930万人で、海外県や..

    コメント1件

    のんのん 販売
    合格したゼミ発表用レジュメです。S判定(A+判定)を頂きました。参考にしてみて下さい。
    2010/10/13 14:14 (6年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。