S0534 教育相談の研究 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数199
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    B判定なので、以下のことに注意してください。
    【所見】学校カウンセリングにおける教師の取り組みはよく述べられているが。スクールカウンセラーの役割や効用について、もっと言及してほしい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。
     学校カウンセリングとは、一般的に考えると『学校で行われるカウンセリング』と理解できる。では、それは『誰』が行うのであろうか。教師が行う場合を考えてみると、教師がクラスの担任として、クラスを運営し、様々な指導を行い、統制し、管理しつつ、成績の評価をつける一方で、カウンセラーとして、子どもたちの様々な悩みや相談を聞き、受容し共感することを通して、問題の解決をはからなければならない。しかし、生徒にすると教師という立場の者に対し、ある時は相談相手、あるいはカウンセラーという立場として見るのは非常に困難であり、また矛盾が生じる。次に『学校で行われる……』の学校という場所について考えてみると、カウンセリングでは、面談室というのが必要条件である。近年、多くの学校で相談室が設備されつつあるが、それがどのように活用されているかは明確でなく、相談というよりは、問題を起こした生徒の指導や説教の部屋として使われている場合も少なくないようである。そうなると、生徒にとっては、『学校カウンセリング』が、カウンセリングなのか、指導を受けているのか、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。