教育方法学(設問2) A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数53
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    佛教大学佛大第1S0A評価教育第2A教育方法

    代表キーワード

    教育方法学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、その社会にあっては知識を扱う教育はきわめて重要である。基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連について論ぜよ。また格差問題を解決するうえで教育方法はどのようにあるべきか。』
    現代の日本の社会は情報化が進み、学習内容や教育メディアの多様化など、教育においても環境が日々複雑になっている。こうした社会の情報化にともなって、私たちの生活の中ではもちろん、教育もまた情報化が叫ばれている。しかし、こうした情報社会は変動社会と呼ばれており、今の社会の大きな問題でもある失業と転職が日常化する社会でもある。これにより経済格差が生まれている。
    近年、ゆとり教育や週休2日制などの導入により、児童の学力は右肩下がりとなっている。それを危惧した親はより良い教育を学ばせるため、塾や私立学校へ進学させたりするようになった。しかし、教育には多額の費用を要するため、低所得の家庭では教育に手を回すことができないのである。そのため、経済格差の影響が大きな学力差を生みだすという新たな問題が起こっている。情報社会や、経済格差、教育格差との関係を以下に詳しく説明する。
    現行の学..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。