佛大 S0105 教育心理学 第2設題 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数512
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 S0105 教育心理学 第2設題

    設題:
    「適応・不適応の心理的機制、またそれらから引き起こされる特徴的行動について説明せよ。」

    添削指導評価:
    「各項目のまとめがよい」

    A評価

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    適応・不適応の心理的機制、またそれらからひき起こされる特徴的行動について説明せよ。
    ・適応について
    人は、様々な環境に対し反応して生活を営んでいる。その環境は、時々刻々と変化しているため、人が生きていくためには、その環境と状況に応じた行動を取らなくてはならない。「適応」とは、主体としての個人が、その欲求を満足させようとして、環境の諸条件との調和を図る態度や行動や、個人と環境との間に何らかの一致ないしは調和の状態がある場合をいう。そして、人間は適応するために、いろいろな欲求を充足させようとして、目標を定めたり、課題を処理したり、学習や訓練を受けたりと、さらに、時には環境そのものを変化させようと試みるなど、自らの行動を調整するのである。
    ・動機づけ
     人間や動物の行動の背後には、必ずそれを引き起こす原因がある。例えば、全国大会に出場するために辛い練習を毎日する者や、大学入試や国家試験のために遊ぶのを我慢して日夜勉学にいそしむ人たちがいる。心理学では、こういった行動の原因となる内的な状態を説明することばとして、要求、欲求、欲望、願望、動員、衝動、熱望、動機、などが使われている。このような、行..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。