佛大 S0532 生徒指導、進路指導の研究(初等) A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数446
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 S0532 生徒指導、進路指導の研究(初等)
    設題:
    「小学校において教育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかをとりあげて説明してください。」

    添削指導評価:
    「教育相談は、開発的、治療的、予防的教育相談に分類され、それは児童・生徒をその生活によく対応させ、人格の成長への援助を図るものであるという定義のもつ意味が正確に把握されています。またその際にはカウンセリング・マインドを持つことが重要であるという視点も正確に理解できています。いじめや不登校のじれへの対処もしっかり言及できており、たいへんよくまとまっています。」

    A評価

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小学校において教育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかをとりあげて説明してください。
    生徒指導には、積極的な指導を行うことによって子どもの人格的な成長を導いていこうとする働きかけと、子どもたちの抱えた問題を理解し、それに対する援助を行うことによって問題の克服を助け、人格的成長を通して子どもを生活に適応させようとする働きかけの二つがある。働きかけの方法は異なるが、どちらも子どもたちの生活や社会への適応や人格の形成の成長をめざして、行われる教育活動である。しかし、以前までの生徒指導は、非行や校内暴力、マナーの欠如などに関する現実の問題行動への対応が代表的に挙げられていたが、近年では、不登校やいじめ、心の病気などの領域まで対応が拡大しており、指導をするのは非常に難しいものになってきている。生徒指導とは、やみくもに問題行動の悪さを指摘して矯正しようとするのではなく、児童や生徒がなぜそのような行動を取るのかを理解し、その気持ちを受け入れた上で指導を行うことが必要である。そのため、生徒指導を行うにあたって、子どもたちを理解するために、教育相談やカウン..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。