佛大 S0101 教育原論 第1設題 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数685
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0101 教育原論 第1設題
    「ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ」

    A評価

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題
    「ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ」
    ペスタロッチーの基礎陶冶は、「人間は各自の持つ諸力の自然性に従ってそれらを使用し練習して、発達させ改善させる。これらの人間の諸力は初めは胚種として存在するのであるが、これを使用しょうとする意欲が達成されるごとに強くなって行く。教育の理想は、故に、われわれの諸力の素質及び能力の発展する自然の進行に対して、われわれ人類の賢明な愛、洗練された悟性、及び明敏な技術心を付与することができるようにしようとする」というものであった[1]。その為、ペスタロッチーは、ロックが説く「生まれたばかりの人間の心は、何も書かれていない白紙であり、生後の経験を通してその紙に経験が書き込まれていく」というタブラ・サラ説ではなく、子どもの本性はすでに将来成長する能力を内的に有しており、教育者は子どもの内的本性が自ら実現していくのを援助しなければならないと考えた。子どもに備わっていないものを外部から注入するのではなく、真への認識、美の感情、善の力など、子どもが生まれながら有している力を、自然に即した形で伸ばしていくことが重要であり、ペスタロッチーはこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。