情報概論 分冊1 安全性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数133
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日大通信情報概論分冊1

    代表キーワード

    情報概論

    資料紹介

    合格レポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    私たちの生活は、情報システムや情報通信の発展のおかげで飛躍的に便利になった。
    インターネットによって利便性が向上する裏で、これを悪用する行為が急増している。最近は、その手口が多様かつ巧妙になるとともに、経済的利得を目的とした攻撃や犯罪が増加する傾向にある。2006年7月ブロードバンド推進協議会調べによると年間1304億円に上る被害がある。
    このような被害を未然に防ぐため、企業にしろ、個人にしろ、インターネットを利用するひとりひとりが、情報セキュリティの確保のために真剣な取り組みを行う必要がある。
     まず、安全ためのハードウェア対策としては、LANとインターネットの間にファイアウォールを設置することが考えられる。LANをインターネットに接続するためには、ルータという機器を使用する。しかし、単に接続しただけでは、LANそのものやLANに接続されている各コンピュータが、インターネットから素通しになり、インターネット上にLAN上のシステムを野ざらしにすることになる。
    そこで、インターネットとLANの間に、外部との出入り口を絞り、LANの内部構造をLANの外部から見えないようにし、外部からの不正..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。