人権教育

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数118
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境学校問題同和差別地域都市児童行政授業

    代表キーワード

    環境

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括し、
    同和教育の意義と学校における同和教育実践のあり方を具体的に論述する事
     ⇒同和・部落の差別問題は、起源も明らかになっていないほど長年に渡って存在していた問題である。その同和問題を解消するために行われる教育が同和教育である。同和教育とは、単に同和地区内の学校に通う生徒に対する特別指導というだけではなく、地区内外の大人、子供すべての人に対して同和問題の理解を深めて問題を認識してもらう事や、問題解決に向けた取り組みの実践も含む。この事から同和教育は同和問題を解決するための教育の営みの総称とされている。その点を踏まえて戦後から現在まで取り組まれてきた同和教育について振り返ると共にとりわけ学校教育について述べていく。 
     
    同和教育には2つの役割がある。一つは部落差別によって奪われていた教育を受ける権利の保障、学力・進路の保証であり、これによって差別の悪循環を断ち切るという役割である。同和教育が実践され始めた第二次世界大戦が終結した直後の日本、当時の同和地区の実態は悲惨なものであった。老朽化した住宅、社会インフラも整わず、不就学児童は部落外の12倍、仕事に..

    コメント1件

    roolrool 販売
    合格済みです。
    2010/07/10 1:07 (6年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。