佛教大学 経済学概論 第1・2設題セット A評価

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数601
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教科書・参考資料・ネット資料を参考に作成したオリジナルレポートです。レポート作成の参考にして下さい。丸写し不可でお願い致します。(第2・医療選択)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題
    『日本において、1990年代に至ってあらわになった「景気の自律的拡張のメカニズム」と「信頼の構造」とが壊されたという事態について、1)その実態を具体的に明らかにし、2)それをもたらした「源流」としての「構造改革」の思想・政策の核心的内容を説明せよ。』
    第2設題
    『アメリカにおいておし進められてきた「新自由主義」政策が「貧困大国」を生みだした事態について、災害、医療、教育、戦争という「人のいのち」にかかわる四つの領域のどれかひとつの領域を選んで、その実態を詳しくつかみ、重要なことを整理してみよ。』
    第1設題
    日本経済の低迷
     日本の景気は、1997年から始まった景気失速によって深刻な経済不況に陥っている。しかし、戦後の日本経済における約13回の景気循環の中で、1997年以降の景気後退はそれまでの要因とは別の理由によって引き起こされている。それまでの景気循環のパターンは、設備投資や海外経済の影響、または景気浮揚策としての政策や技術革新などの外性的要素を受けての事が多く、景気循環を引き起こすとされる①市場経済の本質から生まれる力②外部(海外)からの力③政策の力の何れかの要因に当ては..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。