佛教大学 生徒指導・進路指導の研究(中・高)Aリポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数480
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教科書・参考資料をもとに作成したオリジナルレポートです。
    レポート作成の参考にして下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『中学・高校における生徒指導の原理は何か、また、その際に留意しなければならないことは何か、説明してください。』
    教科教育と教科外教育について
    教育基本法に示された学校教育活動には、学習指導を中心とする教科教育と教科外教育(生徒指導)が含まれる。教科教育では生徒を集団対象として「知」の発達を担い、教科外教育においては生徒一人一人を対象とした「情・徳・体」の育成を目的として行われる。しかし、学習指導要領制定当時は教科と教科外の区別はなく、しかも教科外教育は直接学習に関係のない活動であるという視点から課外授業と呼ばれていた。しかし、学習指導要領の改訂によって教科外教育は特別活動を中心とした教育活動へと変遷し、その大切さが見直されているものの、いかにして社会に適応した望ましい人間形成をするかという構造については漠然としている面が多い。また、生徒の自主性・主体性・実践性を伸ばす生徒指導では、指導する教員がいかに黒子役に徹する事が出来るかというもの課題の一つとなる。
    では、具体的な生徒指導について以下にまとめていきたい。
    中学校・高校の生徒指導の意義と原理
    生徒指導とは、全生徒に対して個別かつ発達..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。