佛教大学 教育社会学 A評価レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数354
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教科書、参考文献などをもとに作成したオリジナルレポートです。参考にして下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。』
    はじめに
    戦後の貧困を脱して豊かになった昭和時代後半の日本では、画一と同調が国民の関心を呼び、国民の大多数が自分を中流階級だと考える一億総中流という意識があった。しかし、バブル経済の崩壊や平成不況などの経済産業の停滞を経て、昨今では格差や不平等の拡大が重要な問題となってきている。これと並行して日本に根付いている学歴社会にも大きな変化が起こっているが、どのような問題が生じているのか、学歴社会における高学歴化に焦点を合わせて考えてみたい。
    学歴社会と実態
    学歴社会とは、「社会における社会的かつ職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」である。また広義では、学歴社会は社会的・職業的な地位を判断するだけでなく、文化的地位の基準にもなり得る。このような判断基準の目安となる学歴社会は、就職・昇進・結婚などの大学間格差だけでなく、学歴差別や入試問題なども孕んでいるため批判の声も多い。しかし、学歴社会は明治時代初期に、日本の経済発展を支える有能な人材を大量に必要として..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。