佛教大学 教育原論Ⅰ A判定レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数166
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教科書、参考資料、ネット資料をもとに作成したオリジナルレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題『ハヴィガーストの発達課題について述べよ。』
    1.はじめに
     人は、生物学的あるいは動物学的な本能だけでなく、社会性を持った人間らしい人間となる為に、生得的・遺伝的な発達に影響する「教育」を必要とする唯一の動物である。そして、人間として成長するのに欠かせない条件である発達を段階別に捉え、各段階に応じた発達課題を提唱した最初の学者がアメリカの教育学者であるロバート・R・ハヴィガーストである。
    2.人間の発達課題
    ハヴィガーストは、人間の発達課題を「個人が健全な発達を遂げるために、発達のそれぞれの時期で果たさなければならない課題」と考え、課題を成就すれば幸福になり、失敗すれば社会に認められず不幸の連鎖に陥る恐れがあると述べている。また、彼は発達課題という考え方が教育に有益なものであるとし、教育者にとって役に立つ概念を2点挙げている。それは、学校における教育目標の発見と設定、及び設定した目標に対する教育的努力をはらうべき時機の示教という点にある。つまりそれは、身体の成熟に比例した社会の要求をクリアさせる事を教育目標とし、また個人がその目標を達成しようとする時こそが教育の適時であり、それ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。