自然地理学 設題2(図つき)B評価 佛教大学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数509
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    自然災害被害原因対策

    代表キーワード

    佛教大学自然地理学

    資料紹介

    教科書・参考資料を参考に作成したオリジナルレポートです。レポート作成の参考にして下さい。丸写し不可でお願いします。(水害を選択しました)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『わが国で自然災害が発生した地域をひとつ選び、過去の自然災害と被害について述べ、その発生原因とその対策を地図を示して考察せよ。』
    はじめに
    日本は言わずと知れた地震活動・火山活動の活発な国家であり、未曾有の大被害を出した東日本大震災をはじめ、雲仙岳の噴火など数々の自然災害が多く起こっている。その中でも、このレポートでは近年世界中で多発するようになった異常気象による水害に焦点を当て、その発生原因と被害情況を考察すると共に、水害に備える対策を論じていきたいと思う。尚、水害発生地域として居住地区である東海地方を取り上げる事とする。
    東海地方の水害
    水害とは水によってもたらされる被害で、気象庁の定義では大雨や強雨、あるいは融雪水が原因となって起こる災害の総称となっている。過去50年程の間に東海地方で起きた大きな水害では、1959年9月26日の伊勢湾台風による高潮被害、2000年9月11日の東海豪雨による浸水被害などが甚大な水害として記録に残っている。最近では、気候変動に伴う局地的集中豪雨が各地で起こるようになってきているため、国民の防災意識が高まりを見せているが、具体的な地域の防災体制がどのよ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。