自然地理学 設題1(図つき)B評価 佛教大学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数484
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教科書・参考資料を参考に作成したオリジナルレポートです。レポート作成の参考にして下さい。丸写し不可でお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『わが国の地形の特色と形成過程を概観せよ。次にひとつの県(都道府)を選び、そこに分布する地形の特色を詳述せよ。』
    はじめに
    日本はアジア大陸の東側に位置し、全国土面積37.8万k㎡を領地とする弓形状の列島国家である。本州・北海道・九州・四国・沖縄本島などの主な島の他、散在する6000以上の島から成っており、国土の60%以上は山地帯となる。このレポートでは、このような日本列島の地形の特色及びその地形形成のプロセスを大局的に学ぶと共に、選択地域を現在居住する愛知県に定めて、同県の地形の特色と合わせて論述していきたい。
    日本の地形の特色と形成過程
     日本列島は四方を太平洋や日本海といった海に囲まれ、浅い大陸棚によってアジア大陸と接している。また、太平洋の周囲を取り巻く環太平洋造山帯に沿って地震帯が伸びており、活発な火山活動の影響もあって世界でも有数の地震多発国家となっている。国土の約3分の2を占める山地の構成については、いくつかの山塊に分かれた山々が細長い輪郭を示し、人の生活場である平地や盆地を挟むような形でモザイク状に分布している。このような小規模なモザイク状の地形になったのは、地殻表層部..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。