社会学概論 設題1・2セット A評価 佛教大学

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数420
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教科書・参考資料を参考に作成したオリジナルレポートです。レポート作成の参考にして下さい。丸写し不可でお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題
    『タルコット・パーソンズの社会学の性格について述べよ。』
    第2設題
    『多文化社会の共生にとって障壁となる認知構造について述べよ。』
    第1設題
    社会学とは
     社会学は、19世紀前半にフランスのコントによってはじめてその名前が創作された比較的新しい学問である。社会は複雑で未知の面を持つと同時に、パターンやルールによる規則性を通じて、ある程度の予想を立てる事が可能な存在でもある。但し、主観的な思い込みでは科学として成立しない為、科学的関心を持って情報収集し社会哲学的な視点で分析や結果の組み立てが出来る客観的構想力が必要とされる学問となる。
    社会学の構造と原理及び社会学史
    社会は人間の共同生活の総称であり、人間の集団的・組織的な営みを指すだけでなく、あらゆる人間同士の相互関係を表わす言葉である。その範囲は幅広く多様であり、はっきりと定義付ける事は難しい。しかし、社会学においては社会の構造を次の3種類に分けて考える事が多い。
    マクロ社会(家族や学校など個人の外に客観的に実在する)
    マクロな準社会(市場や国際社会など、外部と内部を隔てる固定された境界が存在しない流動的でダイナミックな集団..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。