地誌学の体系化にあたって最も必要な事

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数246
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

              「地誌学の体系化にあたって最も必要な事」
                                    
                                 
     地誌学の体系化にあたってもっとも必要な事とは何であろうか。地誌学は地理学を構成する一つの学問分野である。まず地誌学はどのような学問なのか、まずそこから考察してみたい。
     地理学は系統地理学と地誌学(地域地理学)から構成されている。地球上には、自然的にも歴史的にも大きな地域差が存在している。これは地理的条件を反映したものである。地理的条件には、地形、気候、土壌、植物、天然資源などの自然的な条件と、文化、伝統、政治、社会、経済などの人文的条件が含まれる。系統地理学は、地理的条件の生成とメカニズム、そして地理的条件の間の関係について分析し、地球上の多様な現象を説明するとともに、一般的な原理を導き出すことを目的とする。このような系統地理学は、自然的条件を対象とする自然地理学と、人文的条件を対象とする人文地理学に大きく区別される。一方、地誌学は、系統地理学の成果を利用しながら、地域(場所)を総合的に理解するこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。