753初等体育科教育法2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数665
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    753初等体育科教育法2単位目の合格レポートです。参考になれば嬉しいです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    753初等体育科教育法 2単位目 合格レポート
    単元名 「器械運動」とび箱運動(全6時間)
           児童男子15名女子15名 計30名
    単元について
    ●教材観
     跳び箱運動は助走して踏み切り、台上に着手して、再び足で着地する運動である。これまでは、主に「跳び越えられるかどうか」が目的とされてきたが、「どのように跳び越すか」という技の競い合いで児童1人1人が能力に応じて課題を見つけ「できる」「よりじょうずにできる」という技の向上を学んでもらう上で「台上前転」から「はね跳び系」も教材として取り入れたい。はね跳び系は、友だちや自分の跳び方から「技のしくみを見つける」という発展学習のスタイルもと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。