754初等国語科教育法2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,037
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    754初等国語科教育法2単位目合格レポートです。
    参考になれば嬉しいです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    754 初等国語科教育法 2単位目合格レポート
    2,「読むこと」の授業は、学習材となる文章との出会いから始まる。自分にとって重要なところはどこかを見極め、そこを足場にして、そこから「読むこと」の授業を構想することが大切。学習材化された作品の表現や構造について考える授業にするために、教室の子ども達を文学学習材の構造が見える「場所」に立たたせることも必要。主題の押しつけが文学の授業ではない。作品に「何が書かれているか」を考える授業ではなく作品が「どのように書かれているか」をとらえる授業が行われなければならない。
    第3学年国語科学習指導案
    学習材観
    本題材「ニコラス、どこへ行ったの?」はレオ・レオーニ作長谷川俊太郎訳の絵本が題材である。原書は1987年出版で、コラージュの手法を使い、鳥やねずみの表情が豊かに描かれている。叙述面に特色が見られ、児童に親しみやすい題材になっている。内容は主人公のネズミ(ニコラス)が甘い野いちごを見つけようと冒険に出て仲間達と出会い色々な事を感じ「物事の一部だけを見て判断し全体を見誤ってはいけない。」という教訓を引き出す構成になっている。しかし主題を押しつけるので..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。