754初等国語科教育法1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数630
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    754初等国語科教育法1単位目
    合格レポートです。参考になれば嬉しいです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    754初等国語科教育法 1単位目
    1,「書くこと」とは、まず第1に書き手自身の「存在の証」であり「自己表現」である。第2に、それは時間や空間を越えて、人をさまざまなもの(人や文化や社会や自然)と「繋ぐ営み」である。「書くこと」に関する指導が、「作文」(文を作る)という名称で、型にはまった文章表現技術の暗記と反復練習を中心としてはいけない。
    2—a:太平洋と噴火湾の境につき出した絵鞆半島を中心に市街が広がっており、三方を海に囲まれた地形。天然の良港を活かし、鉄鋼業を中心に造船、石炭の積み出し、石油精製などで発展した、北海道を代表する重化学工業都市である。面積が狭いため人口密度が北海道内では札幌に次いで2番目に高い。かつては20万人近くを有する都市であったが、基幹産業ともいうべき新日本製鐵や日本製鋼所等での大規模な合理化などに影響され2005年の国勢調査では10万人を下回った。21世紀に残したい北海道自然100選で得票第1位の地球岬、マスイチ浜、白鳥大橋、イタンキ浜など多くの観光名所があり、又「室蘭焼き鳥」と呼ばれる豚肉と玉ねぎの串焼きも全国で人気となっている。
    2−b:重化学都市として発..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。