営業譲渡予約覚書

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数766
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    金銭消費貸借契約に基づいて相殺を行う場合、その目的に店舗の営業権を含める覚書。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    覚書
    株式会社(以下、甲という)と     株式会社(以下、乙という)とは、甲乙間
    で平成○○年○月○○日付締結の金銭消費貸借契約(以下、原契約①という)および平成△△年
    △月△日締結の金銭消費貸借契約(以下、原契約②という)に関し、次の通り覚書を締結する。
    (債務の確認)
    第 1 条 乙は甲に対し、本日現在、原契約①および原契約②に基づき借入金債務☆☆万円
        を負担していることを確認する。
    (営業権譲渡予約)
    第 2 条 原契約①第3条および原契約②第3条に定める弁済期が到来した乙の甲に対する債務
    と、甲が乙に対して負担する債務を相殺できるにつき、乙が経営する店舗の営業権(以下、
    本件..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。